会社情報

COMPANY

沿革

HISTORY
  • 1980(昭和55)年
    三興油圧機器工業株式会社(東京都千代田区)として特殊シリンダーの設計、製作を開始。
  • 1984(昭和59)年
    本社屋完成により足立区へ本社移転。
  • 1985(昭和60)年
    小高工業株式会社と提携しカーボンファイバー複合材料部品を開発、販売開始。
  • 1986(昭和61)年
    独自開発による(PAT.P)キャップサイドポートシリンダーシリーズ完成。
  • 1988(昭和63)年
    水圧式荷物昇降機アクアリフトシリーズを開発、販売開始。
    サンマックス株式会社に改称。
    事業拡大にともない埼玉県吉川市に工場を新設。
  • 1991(平成3)年
    アクアリフトシリーズの機種を拡張。
    アクアデッキ高所作業台を開発、販売開始。
  • 1997(平成9)年
    直線運動を利用した介護機器を開発、販売開始。
  • 1998(平成10)年
    廉価版高所作業台ハイデッキシリーズを開発、販売開始。
  • 2000(平成12)年
    エンジン付き投光機アクアライトを開発、販売開始。
  • 2001(平成13)年
    吊り下げ式のDTP(ダウンテレスコポール)を開発・発表。
    放送局スタジオや舞台の照明に採用。
  • 2003(平成15)年
    消防電源車の照明ポール装置を開発、販売開始。
    消防機器研究会および消防ポンプ協会入会(正会員)。
  • 2004(平成16)年
    投光器マックスライトシリーズに600W級瞬時再点灯メタルハライドを開発。
  • 2005(平成17)年
    バルーン型投光器マックスムーンのシリーズ完成。
  • 2007(平成19)年
    軽トラックバケット幅狭高所作業車エコカーデッキ完成。
  • 2008(平成20)年
    バルーン型投光器の開発で特許を取得し、発明大賞「考案賞」および東京都技術振興賞受賞。
  • 2011(平成23)年
    パラソル式バルーン型投光器が第36回発明大賞「考案功労賞」受賞(主催:(公財)日本発明振興協会・日刊工業新聞社)。
  • 2019(平成31)年
    バルーン型LED投光器マックスムーンが吉川市第3回産業フェアにて「ものづくりアワード」大賞受賞。
  • 2021(令和3)年
    本社を埼玉県吉川市に移転し、本社・工場とする。

※これまで水圧昇降伸縮シリンダー機器や投光器の分野で多数の特許を取得しています。